Archive List for 未分類

性依存症になる可能性やきっかけについて

未分類

日常生活に支障が生じているにも関わらず、特定のものや行動に執着し、自力でやめることが難しいのが「依存症」です。 その中でも特定の性的行為に執着している状態が、「性依存症」です。 性依存症になると特定の性的活動を自力で止めることが難しくなります。 自分がやりたいという思いをコントロールできず、多くの時間をその行為に費やしてしまいます。 潜在的にはやめたいと思いつつ止められないため自分が罪悪感や自己嫌悪に陥ることもありますし、立場を守るために秘密にしないといけないこともあるでしょう。 そして依存症は悪化すると、仕事や人間関係等にも大きな支障が生じてきます。 例えば依存しているものや行動が常に頭から離れない状態になると、集中力が低下します。 さらに性依存症の場合は、浮気・痴漢・盗撮等にもつながる恐れがあります。 浮気はパートナーとの関係性を壊す原因になりますし、痴漢や盗撮は犯罪行為です。 このように自分に不利益なことであると潜在的には分かっていても、自力ではなかなかやめることができないのです。 さて依存症の多くは、負の感情から逃れる手段として特定の行為に手を出すのが最初のきっかけです。 不安・イライラ・退屈さといった負の感情を紛らわせるために行った行動。 もし特定の性的活動に対して楽しい・嬉しいといった感情を抱くと、負の感情は薄れます。 すると脳は次に負の感情を抱いた時も、負の感情を和らげるために同様の行動を望むようになります。 けれども脳は次第に、同程度の活動内容では満足できなくなってしまいます。 快感を得るためにより多くの刺激を欲するようになるために、次第に回数・時間が増えてきます。 さらに負の感情を抱くと、脳がすぐに刺激を欲するようになるために、自力でやめることが難しくなってしまうのです。 このように性依存症は、負の感情を紛らわせることが一つのきっかけとして起こります。 ただし、起こる可能性が高いのは、潜在的に性的活動がストレスを発散するのに良いと感じている場合です。 例えば性的虐待を子どもの頃に受けていた場合、それが親にとってのストレス発散法だと学びます。 すると自分がストレスなどを感じた時に、潜在的にその行為でストレスを和らげることができると学んでいるために、性依存症に陥りやすいのです。 そのため、性依存症に陥らないためには特定の活動だけで負の感情を発散しないようにすることが重要です。 想像しがちな人も性依存症の可能性がある 性依存症は特定の性的活動に対して依存、自力で止めることが難しく、日常生活に支障が生じた状態です。 この性的活動は実際の性行為だけでなく、自慰行為・ポルノグラフィー・性行為に関する想像も含まれます。 つまり性的な考えが頭から離れない、想像しがちな人も依存症の可能性があるのです。 実際、性依存症の診断基準のひとつとして、「過去6か月の間に、大量の時間を、性的な空想や活動に費やした」かどうかが挙げられます。 もし15分以内の場合は問題ありませんが、15分以上2時間未満となると、やや性的なことに関して依存している傾向が、2時間以上となると性的なことに関して、依存している部分が強いと考えられます。 そして実際行動には起こしていないものの、性的なことを想像する時間があまりにも多いと、やがて日常生活にも支障をきたします。 仕事をしている時も想像が止まらなければ、集中力が低下、効率も落ちていくでしょう。 さらに「なぜ考えが離れないのか」と罪悪感を抱いたり、考えていることを秘密にしようとすることもあります。 「自己嫌悪を抱いているがやめられない」もしくは「日常生活に支障が生じている」場合は、依存症の可能性が高いです。 実際行動していなくても、性的なことに関する想像によって問題が生じている場合は、性的依存症のひとつになります。 なお、想像の範囲の対象は現実の人だけとは限りません。 というのも性依存症で定められた性行為のひとつであるポルノグラフィーには、イメージも含まれています。 つまりアニメやゲームなど、二次元のキャラクターに対する性的な想像も含まれるのです。 ですので二次元のキャラクターに対して執着している場合も注意が必要となります。

性行為に消極的な人の特徴とは

未分類

性欲というのは食欲などと同様に、人であれば誰にもあるものなので、性欲があるからといって恥ずかしがる必要はないでしょう。 ですが人によって性欲の強い、弱いというのはあるので、弱い人は性行為にも消極的になってしまうことがあります。 また、人は恋していない時であったり、他の趣味に夢中になっている時であれば性欲があってもないような感じになったり、もともと消極的ではなくても消極的のような感じになってしまうようなこともあるでしょう。 ですが、そうした性欲に関係なく性行為に消極的になってしまう人は、何か身体的なことで悩みを抱えている可能性も高いものです。 女性ホルモンのバランスが悪い時であれば性欲よりも情緒を安定させるほうに意識が行くので、性行為にも積極的になれないことがあります。 そして、性病を抱えていてしたくても出来ない、という身体的なことが事情の人もいます。 こうした身体的な悩みは好きな人であってもいいにくいので、言いにくさが消極的になってしまうことの原因になっているようなこともあるものです。 最近では男性も女性顔負けの中性的な人がいたり、肌が綺麗で中性的な表情をするような男性も多いです。 女性は男性の男らしい体格であったり姿に魅力を感じることも多いので、中性的な男性に魅力を感じない女性であれば、中性的な表情をされることで性行為をしたいとも思わなくなることがあります。 魅力的に感じる男性には女性ホルモンが分泌されて性欲も増すことが多いので、性行為に消極的になってしまうようであれば女性ホルモンを活性化させることにも注目してみると良いです。 また、性行為も相手の要求するがままにしていてはつまらないものです。 ですから協調性を大事にしてくれる相手を見つけるということも大事です。 お互いが考えて気持ちよくなれるようにしないと、性行為がとても負担になってしまい、楽しいと感じられないことで消極的にもなってしまうことが多いです。 趣味人な人を恋人にするのは難しい? 性行為に消極的な人というのは趣味人であるということも多いです。 趣味人な人というのは自分の世界に入るのが好きですし、性行為に関わらず何かを他人と一緒に行う、ということに苦手意識を持っていることも多いからです。 協調性がないということも関係しているでしょう。 ですから趣味人の人は話をしていて楽しいかもしれませんが、恋人にすると付き合うのが難しいと感じることも多いものです。 また、趣味で満足してしまっているので出世欲がないということも魅力の半減につながります。 やはり仕事にも真剣で出世欲のある人というのは行動的で素敵ですし、憧れ、尊敬のまなざしで見ることができます。 尊敬できない相手とは関係が長続きしないという人も多いですから、こうした出世欲がない人が多い趣味人は恋人にするにも難しいということがあるものです。 性行為はしなくても普通に生きていくことはできるので問題はないですが、それでも真剣に付き合える恋人がいないということはつまらないです。 そういう状態のまま放置しておくと、性行為どころか異性による興味というのもなくなってしまうことが多いです。 ですから放置しないようにするためにも恋したい気分というのは忘れないようにもしましょう。 恋人を作らなくても、物語などで恋心を持つことはできますし、そうした恋する気持ちを忘れないでいることは可能です。 恋したい気持ちを持っていないと性行為に積極的になることもできないので、恋する気持ちや異性を意識する気持ちは忘れないようにもしましょう。 また、消極的にならないように明るい気持ちを持つことが大事です。 自分のテンションが低いと性行為だけでなく他の事にも淡白になってしまいます。

性行為をしなくてもヘルペスの可能性がある

未分類

ヘルペスと聞いて、性器ヘルペスを思い浮かべる人も多いでしょう。 ピリピリとした前兆と共にチクチクと痛痒い感覚があり、間もなく2mmほどの水ぶくれが現れます。 この水ぶくれは触らないようにすることが一番ですが、破れてただれることもあります。 男性の場合は亀頭や陰茎体部に出ることが多いですが、太もも・尻・肛門周辺などにブツブツができる人もいます。 太もものリンパ節に腫れや痛みがあり、人によっては熱が出ることもあります。 女性の場合は外陰・腟の入口・尻に出ることが多く、あまりの痛みで排尿困難を訴える人もいます。 男性のように太もものリンパ節に腫れや痛みがあり、人によっては熱が出ることもあります。 患部が膀胱や子宮頸管に拡大する可能性もあるので注意が必要です。 どちらも共通しているのは、再発の可能性が高いことです。 感染の原因は性行為ですが、他に原因として考えられるのは不特定多数の人たちが利用する公衆トイレ・大衆浴場。 公衆トイレは洋式トイレの便座であったり、感染した人が触ったドアノブを触って用を足した場合が考えられます。 大衆浴場は椅子に座ったときなど、感染した人の患部が触れた部分への接触が原因になるでしょう。 感染している人とタオルを共有することも、原因として挙げられます。 タオルは身近にあり、あまり気にせず使うことが多いので親しい人が感染しているときの貸し借りは避けたほうが良いです。 性行為の他にもヘルペスにかかる可能性があるので、注意するようにしましょう。 忙しくて疲れているときや睡眠不足など、体力が落ちているときは感染の確率が上がるといわれています。 普段から疲れを溜めず、バランスの良い食事をするようにして下さい。 ヘルペスには、唇にできる口唇ヘルペス・目にできる角膜ヘルペスなど種類があります。 口唇ヘルペスを発症している人との性行為が原因で性器ヘルペスにかかってしまうこともあるので、感染する可能性があることを知っておきましょう。 ヘルペスの治療にはバルトレックス ヘルペスだと気付いたら、早めに病院へ行って治療を受けましょう。 人にうつさないためにも、速やかに受診することは大切です。 パートナーが感染しているときは、2人とも感染していることも。 それはヘルペスに感染していると、症状が出ていなくても相手にうつす可能性があるからです。 受診するのはどこの科なのか迷っている人は、皮膚科や性病科へ行ってみて下さい。 男性の場合は泌尿器科、女性は産婦人科で診てもらうこともできます。 ヘルペスの治療には、バルトレックスやゾビラックスという薬が用いられると考えられます。 バルトレックスはバラシクロビルを、ゾビラックスはアシクロビルを主成分としています。 副作用が少ないのはゾビラックスといわれていますが、服用回数が少ないのはバルトレックスです。 バルトレックスの主成分はバラシクロビルと書きましたが、ウイルスの繁殖を止めるこの成分は、肝臓で代謝されるとアシクロビルに変化して作用するといわれています。 バルトレックスが1日約2回の飲み薬であることに対して、ゾビラックスは1日約5回の飲み薬以外に塗り薬や点滴などがあります。 服用回数は目安であり、その人の症状によって変化する場合があるので、処方されたら医師に使用方法を聞いて指示された回数をきちんと服用して下さい。 ゾビラックスのほうが副作用が少ないといっても、薬である以上はどちらも副作用が起きる可能性があります。 使用方法を守っている場合も起きることがあり、その症状は人により異なります。 軽いものであっても、体調に変化があったときは必ず医師に相談しましょう。 もしも重篤な副作用が出てしまった場合は、一刻も早く病院へ行って治療を受けることです。

カンジダ膣炎の症状を知ろう

未分類

カンジダ膣炎はカンジダ菌という一種のカビが膣に繁殖して起こる炎症を言います。 これによって引き起こされるのは主に6つの不快な症状です。 カンジダ菌は常在菌ですからカンジダ膣炎は女性であれば誰にでも起こりうること、そしてこれを防ぐためには免疫力を高めることが大切であることを覚えておきましょう。 中には無知から特定のパートナー以外との性行為によってうつされた性病だと思い込んでいる人がいますが、そうではありません。 もし疑われることがあれば、正しい知識を教えましょう。 膣の内側や周辺に強い痒みが出ます。 個人やそのレベルに応じて違いますが、中には夜も眠れないほどの痒みに襲われますので日常生活に支障をきたすこともあります。 そして白くてポロポロとしたチーズのようなおりものが増えるのもよくある症状です。 性器あたりに違和感があり下着にカッテージチーズのようなぽろぽろとしたおりものがついていれば、カンジダ膣炎を疑って酷くなる前に婦人科の受診をしましょう。 膣がひりひりすることもあります。 炎症しているので膣粘膜が敏感になってしまって、結果ひりひりとした痛みを感じるのです。 人によっては膣あたりに熱を持っているような灼熱感を持つ方もいます。 膣周辺が赤くなったりただれたりすることもあり、その場合には痒みよりも痛みが強いかもしれません。 痛み、そして痒いというのは大変不快な症状ですからあまり我慢することなく出来るだけ早く病院へ行きましょう。 またカンジダ膣炎にかかっていると炎症が尿路まで進み頻尿の原因になる場合があります。 そのときには排尿時に痛みを感じるようになってしまいます。 尿道炎や膀胱炎のように頻尿になることもありますし、炎症によって膣内が荒れている状態のため、性交時に痛みを感じる人が多いでしょう。 さらに膣壁がもろくなっているので性交時の刺激で壁が傷付き出血してしまうこともありますから、カンジダ膣炎になっている間は治療中は性行為はしないことをおすすめします。 カンジダ膣炎の再発には要注意 人によっては何度もカンジダ膣炎が再発してしまう人もいます。 タイプは二つあり、自分はどちらのタイプなのかを知るだけで再発を食い止めることが出来るようになるでしょう。 まずは再感染している場合ですが、カンジダ菌は腸管にも存在しているので腸管にあった菌が肛門から膣へ感染してしまうこともあるのです。 これは排泄時にトイレットペーパーで拭くときのやり方が問題であることが大半ですから、ペーパーで拭く時には前から後へと滑らせるようにしましょう。 そして、カンジダに感染している相手と性行為をして感染する場合もあります。 これは自分が持っていた菌ではなく、男性から貰ったカンジダ菌が感染源になってしまうケースですから、下半身に違和感があればおりものなどを注意して確認して下さい。 次は再繁殖している場合でしょう。 カンジダ膣炎の症状が1度は治まったあとに病院では検出できなかったカンジダが膣内、膣粘膜などに残っていた場合に免疫力の低下など何らかしらのきっかけがあって活発になってしまい、再繁殖してしまうことがあります。 カンジダは常在菌ですから根本的に生活改善をしない限り、増殖を防ぐことは難しいのです。 免疫力を高める生活や、体をいつも清潔にしておくことなど自分でも気をつけなければなりません。 再発を防ぐために出来ることは、生活改善をすること、通気性の良い下着を身につけること、デリケートゾーンを清潔に保つことです。 カンジダはカビですから蒸れた環境で繁殖しますので、綿製のゆったりした下着を身に付け、汗の吸収をよくしましょう。 デリケートゾーンは清潔に保つ必要がありますが、石鹸でゴシゴシと強く洗うのはいけません。 洗いすぎてしまうことで有害な菌やウィルスから膣を守っている常在菌まで洗い流してしまうことがありますから、外陰部だけを優しく丁寧に洗いましょう。

ミノサイクリンの効果で性病を治そう

未分類

ミノマイシンやミノマイシンなどのジェネリック医薬品の成分はミノサイクリンを使っています。 これはテトラサイクリン系抗生物質になります。 ニキビ治療や淋病・クラミジアなどの性病の治療に幅広く使われていて、ミノサイクリンはテトラサイクリン系の抗生剤において第一選択になることがあります。 ミノサイクリンを主成分にしている場合使用方法は1回1錠を1日2回服用し、1日4回服用することになります。 他のテトラサイクリン系の抗生物質より患者への負担が軽減することができるので第一選択にすることが可能です。 ミノサイクリンは特許期限が切れているので複数のジェネリック医薬品がリリースされています。 使用方法の注意点として牛乳や乳製品などと一緒に飲むと薬の吸収が悪くなります。 通常3日~4日ほど飲むと効果が現れてきますが、クラミジア感染症などの治療の場合、効果を実感しても原則2週間は服用することをおすすめします。 自己判断で飲むことを中止するのはやめておきましょう。 性病クラミジアや淋病などが治ったかどうかを判断するのに、最低投薬完了後3週間以降にクラミジア菌の検出を行い性病クラミジアなどの陰性化に成功したかかどうかを確認しなければいけません。 性病クラミジアはピンポン感染が多い感染症で、治療する際パートナーと二人できちんと治療することが必要です。 そのまま放っておくと体で細菌が増殖し、気づかないまま誤ってパートナーにもうつすことになる可能性もあります。 ミノサイクリンは抗菌作用のある薬で、クラミジアに特に効果的です。 もしミノサイクリンでも症状が改善されないなら、それ以外の薬も検討すると良いでしょう。 ミノサイクリンにはいくつか副作用があり、軽い頭痛やめまいなどを感じる人がいます。 人によっては胃の不快感や吐き気などを催すこともあり、重篤な副作用はありませんが症状が酷く続く場合は医師に相談すると適切に対処してくれるでしょう。 ミノサイクリン配合薬のディバインとは ディバインはミノサイクリンが配合されたミノマイシンのジェネリック医薬品です。 ディバインはミノサイクリンが主成分で、ニキビなどの治療に用いられている医薬品ですが、外耳炎や口内炎、歯肉炎や気管支肺炎などを発症した時にも使用されています。 広い範囲にわたって抗菌作用の効果を発揮することができ、ジェネリック医薬品なので価格として安いのでお得な商品です。 病院などで処方箋をもらって処方してもらうのが一般的ですが、先発医薬品のミノマイシンは通販で購入するとさらに得です。 インターネットの個人輸入代行の通販サイトを利用するとまとめて買いもできるのでリーズナブルな価格で購入できます。 取り扱っている薬は通販サイトによっても異なるので色んなサイトを見てみるとよいでしょう。 店舗によってセットで購入すると割引きが適応されるのでリピートしている人が多くいます。 最近ではいろいろな個人輸入代行サイトがあるので商品価格や送料などを比較検討し、自分に合ったサイトを見つけることができるでしょう。 ディバインは抗生物質で感染症の薬で、ミノマイシンのジェネリック医薬品の一つです。 有効成分はミノサイクリンで、テトラサイクリン系の抗生物質の一種で、この薬は細菌細胞内の「リボソーム」という小器官の「30sサブユニット」という部分に働きます。 リボソームの主な役割であるたんぱく質合成などを阻害することができます。 ディバインはカルシウムやアルミニウム・マグネシウムなどと一緒に服用すると、消化管からの吸収率などが低下することがあります。 服用する前後2時間ぐらいは飲み合わせに気をつける必要があり、歯が黄色くなったり一過性の骨形成不全などが子供に起こることがあるので、8歳未満の子供には他の抗生物質が適さない限り使用することはできないようになっています。 ディバインはジェネリック医薬品なので購入しやすく、コストを抑えながら症状を改善することができるでしょう。

感染率の高いクラミジアに注意しよう

未分類

クラミジアは日本で最も感染者数が多いとされるほど感染率の高い性病です。 原因菌であるクラミジアトラコマティスに感染することによって発症する病気ですが、症状が現れず感染に気がつかないかない人が多いという特徴があります。 この特徴が感染者増加の原因です。 感染経路のほとんどは性行為によるもので、パートナー以外との性行為をしていないため感染経路に心あたりがないと思ってしまいますが、そのような場合、発症していないだけでパートナーが感染していることも考えられます。 クラミジアの症状は男女で異なり、男性が感染した場合は性器から尿道に感染し尿道炎の症状が現れます。 放置してしまうと菌は尿道の更に奥へ進行し前立腺や精巣上体(副睾丸)にも感染し各部位で炎症を起こし副睾丸まで進行してしまうと不妊になるリスクもある病気です。 女性の場合は、性器から子宮頸管、子宮内膜、卵管、骨盤腹膜、肝周囲の順に感染が拡大し、それぞれの部位で炎症を起こすのが特徴です。 女性の場合、症状として出やすいのはおりものの量やにおいの変化であるため、感染を見逃してしまうことも多いのですが、女性の場合も症状が進行してしまうと卵管のつまりなどを起こし不妊の原因になります。 男性も女性も不妊になるリスクのあるクラミジアですが、感染してしまった場合は早期発見と早期治療が大切です。 しかし、説明した通り感染に気が付かないことも非常に多い病気です。 感染に気が付いたら、早めに医療機関で感染していないか確認するようにしましょう。 感染していないことが分かれば安心して過ごすことができますし、もし感染してしまっていた場合も早く治療を始めることが感染拡大を防止できます。 また、感染していた場合はパートナーにも治療を受けてもらいましょう。 パートナーも感染しているようであれば、お互いに治療を受けることが重要です。 クラミジアが治っていない状態で性行為をしてしまうと、パートナー同士で感染を繰り返してしまう危険があるのです。 ジスロマックでクラミジアを治療しよう ジスロマックはクラミジアの治療において最も選ばれている薬です。 クラミジアの治療において大切なのは体内のクラミジアトラコマティスを完全に死滅させることです。 ジスロマックはアジスロマイシンという有効成分を含んでいる薬でマクロライド系の抗生物質に分類されます。 アジスロマイシンは血中のクラミジアトラコマティスを死滅させる効果があります。 ジスロマックは一回服用するだけで治療は終わります。 1回飲むと薬の効果は1週間持続し、その間に菌を死滅させてくれるのです。 マクロライド系の抗生物質は副作用が少なく、妊婦や子供にも処方できる薬として安全性が高いとされています。 まれに副作用として下痢の症状が現れる事がありますが、整腸剤を一緒に飲み、本来1回で服用する量を3日に分けて服用することで副作用のリスクを下げることができます。 しかし、3日に分けて服用する場合は、指示された用量を飲み切るようにしましょう。 自己判断で服用をやめてしまうと菌が完全に死滅しない可能性があります。 菌が生き残ってしまった場合、治らないどころか体内の菌が薬に耐性を持ってしまった効かなくなる危険もあるのです。 そのようなことのないようにしっかりと使用方法は守ってください。 性病というと治療を受けるのに気恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。 しかし、放置してしまうと不妊のリスクや感染を広げてしまう危険が非常に高いのがクラミジアの特徴です。 ジスロマックは使用方法を守れば1回の服用だけでクラミジアの治療に非常に効果のある薬です。 胃腸が弱いなどで副作用が心配であれば、医師に相談すれば副作用のリスクを低くするような処方もしてもらえるので感染に気が付いた場合は早めに治療を受けるようにしましょう。

HIVで梅毒に感染する恐れがある?

未分類

HIVは、レトロウイルスの一種であるヒト免疫不全ウイルスに感染する事で発症する感染症であり、現在の医療では1度感染すると最終的にはエイズを発症して死を迎える非常に危険な感染症です。 HIVは、20歳代~30歳代の感染患者が全体の6割以上を占めるという特徴を持つ性感染症であり、2017年には新しい感染患者の約6割が同性間の性的接触により感染しています。 ヒト免疫不全ウイルスは、有害な細菌やウイルスなどから人間の体を守っているTリンパ球やCD4陽性細胞などの免疫細胞に感染してリンパ球に感染すると共に免疫細胞内で増殖します。 増殖したウイルスが体内に拡散する際に免疫細胞を破壊してしまうので徐々に免疫力が低下してしまい、HIV感染患者は梅毒に感染しやすくなります。 梅毒は、梅毒トレポネーマと呼ばれる微生物に感染する事で発症しますが、1回の性行為の感染率は15%~30%と非常に感染力高い一方で感染しても自己免疫力で自然治癒する感染患者もいる性感染症です。 HIV患者は、体内の免疫細胞数が減少し続けているので日毎免疫力が低下しており、感染しても自然治癒していた免疫力の高い人でも梅毒に感染しやすくなります。 静かに病状が悪化する梅毒は、発症初期に軟骨程度の硬度を有する初期硬結や硬性下疳及び小さなバラの花の様なバラ疹などの特徴的な症状を呈する性感染症です。 HIV患者は免疫力が著しく低下している事から梅毒の特徴的な症状が発現し難い特徴があり、無症候性で梅毒を併発している事が多いのが実情です。 また、HIVと梅毒を併発すると免疫力が著しく低下している事から非感染者に比べて十分な治療効果が得られ無いだけで無く、リンパ性間質性肺炎や反復性肺炎などを併発すると共にエイズを発症する事もあります。 HIVの治療は、エイズ発症時に相当する重篤な副作用の多い治療薬で行われていた事からCD4陽性細胞の数が200/μl程度になった時点で行われていました。 現在では副作用が軽減された治療薬が開発された事でCD4陽性細胞の数が500/μl程度になった時点で行われる様になりました。 ヒト免疫不全ウイルスの増殖をプロセス毎に阻害する為に3剤~4剤を組み合わせて服用するHAART療法が行われています。 その為、梅毒の治療時には、HIVの治療薬と薬物相互作用を考慮する必要があるので専門医や担当医に相談する必要があります。 HIVは日常生活の中で感染しない HIVは、エイズと混同している人が多い事やHIVの基礎知識の不足による偏見などから、日常生活でも簡単に感染してしまう感染症と思われていますが、HIVは日常生活では感染する事はありません。 HIVは、輸血1回で感染する確率が約90%とされている事から非常に感染力の強いウイルスと勘違いしている人が多くいます。 血は病原ウイルスを無数に体内に注入している行為なので感染率が高いのは至極当然であり、逆に病原ウイルスを無数に体内に注入しても感染率90%ならば他の性感染症の方が感染リスクが高いと言えます。 性感染症には、感染率50%と非常に感染リスクが高い感染症状がある一方でHIVはコンドーム非装着のセックスの感染率が0.1%~1%と低いです。 一般的に感染リスクが高いとされるアナルセックスでも感染率は0.067%~0.5%と低く日常生活で感染する事は皆無と言えます。 HIVは、感染患者のヒト免疫不全ウイルスを含む血液や精液及び膣分泌液などが粘膜組織や傷口に接触する事で感染率が上がります。 唾液や尿などの体液に含まれるヒト免疫不全ウイルスの量では感染する危険性が無く、感染するにはバケツ何杯もの唾液や尿が必要です。 その為、現在のHIVの感染経路は違法薬物の注射器の使い回しによる血液感染と多種多様なセックスによる性感染に加え、感染患者の出産時や授乳時に胎児や新生児に感染する母子感染の3経路とされています。 予防法は、セックスの際にはコンドームを装着する事に加えて、オーラルセックスの際にも女性性器にコンドームを広げた物や歯科医療用に開発されたラバーダムシートなどを貼り付けるのが非常に有効です。 オーラルセックス時に感染に気を付けている人は稀なのが現状です。

梅毒は完治が可能になりました

未分類

性に関してオープンになってきたことや国際結婚も増えたことから、海外の病気もどんどん入ってきて性感染症の数は年々増えています。 そんな中で、昔から日本にある性病として有名なのが梅毒です。 現代では昔の病気として思われている方も少なくはないのでしょうが、実は近年梅毒患者の数が急激に増えているのです。 そのため、いつどこで感染しないとも限らず、ある程度の知識は持っておく必要があります。 昔は不治の病とされていた梅毒ですが、今は完治が可能となりました。 早期発見で適切な治療を行えば怖い病気ではないのです。 梅毒は第1期から第4期まで異なる症状が出てくる病気です。 まずは発症箇所にシコリができ、更にまばらな赤い発疹・バラ疹が出てきます。 このバラ疹こそが梅毒の名称の由来です。 その後は肝臓や腎臓にも硬いしこりや腫れ物ができます。 心臓血管系や中枢神経系が侵されて大動脈破裂などが起こり、痴呆や進行麻痺により日常生活が困難になり死に至ることもあるのです。 症状が出ていない潜伏期間もあり、その間も原因となる梅毒トレポネーマという病原菌は体内で増殖を続けています。 これは完治ではなく単に潜伏しているだけなので注意が必要です。 できれば第1期の段階で気付いて治療をするのが早く治す近道です。 梅毒の抗生物質はペニシリンです。 1929年にペニシリンが発見されたことで治る病気へと変化したのです。 現在もペニシリンの服用によって治療は行われます。 ただし、ペニシリンアレルギーを持っている方や妊婦の方であれば副作用の心配があるため、同じように効果のあるアセチルスピラマイシンなどの薬が使われることになるのです。 梅毒トレポネーマという病原菌を退治することができれば治療は完了です。 第1期であれば2週間から4週間、第2期なら4週間から8週間かかります。 一度感染すると血清反応は陽性を示し続けますが、一定の数値までは下げることができますし、症状も治まっています。 すでに感染力もなくなっている状態なので完治と見なされるのです。 梅毒の治療薬はノバモックスがオススメ 梅毒の治療薬として効果が高いのがノバモックスです。 ノバモックスはペニシリン系の新薬アモキシルのジェネリック医薬品です。 有効成分はアモキシシリンです。 アモキシシリンは細菌の細胞壁を破壊することで死滅させる働きを持つのです。 梅毒の他にも淋病や、その他にも微生物による細菌感染症に処方されるメジャーな薬です。 使用方法ですが、病気の種類や症状の強さによって異なります。 ただ、通常であれば成人は錠剤やカプセル状のノバモックスを1回250mg錠・1日に3回から4回服用することになるでしょう。 詳しい使用方法は病院で診察を受けた上で医師に相談してみてください。 水と一緒に服用しましょう。 それ以外の飲み物で使用していると効果が軽減される恐れがあります。 ノバモックスがメジャーに使われているのは、他の抗生物質よりも副作用が少ないからです。 とはいえ、まったくないわけではなく下痢や食欲不振・腹痛・胃もたれといった症状が出てくることもあります。 もしも症状がきつかったり長引くようなら医師に相談した方がよいでしょう。 併用禁忌とされる薬もあるため、常用している薬やサプリメントがあるのなら、それも医師や薬剤師に相談してみてください。 症状が治まったからと安心していたら単なる潜伏期間で次々と上のステージに進んでいくことになります。 性病の一つとは言っても性行為以外にもキスで感染することもありますし、今はほとんどないとはいえ母子感染することもあります。 もしかしてと思ったらとにかく早めに治療を開始しましょう。 明らかに梅毒の症状が出ているのであれば、治療は保険の適用内ですることができるため、2000円から4000円程度で済みます。

梅毒の検査には期間が必要?

未分類

梅毒の検査は血液を採血して梅毒血清反応検査を行います。 いくつか種類があり、牛から採取した「カルジオリピン」と呼ばれている脂質を抗原にして血清の中の抗体とどう反応するかを調べる方法です。 昔からある「ワッセルマン反応」や緒方法・ガラス板法といったものがあり、総称で「STS」と呼ばれています。 梅毒の病原体自体を抗原として血清を加え反応を見るというTPHAやFTA-ABSテストなどもあり、総称で「TP」と呼ばれています。 STSは感染してから4週間前後に陽性になり、TPは更に時間が必要となるので一般的な梅毒のスクリーニング検査にSTSなどを利用することが可能です。 STSは梅毒の病態が第1期~第3期に進むに連れ反応が強く現れます。 治療していくと反応が弱くなり陰性になっていくので、STSは治療効果を把握するにおいて大切な目安です。 血液検査結果の判定は、まずスクリーニングでSTSが実施されます。 STSは梅毒はもちろん膠原病や肝臓病・妊娠などでも陽性と出ることがあり、陽性の場合はTPHAも行ない陽性の場合は梅毒だと診断することが可能です。 STSは陽性でTPHAは陰性の場合、FTA-ABSテストを行ないこれが陽性の場合は梅毒と診断します。 梅毒に感染した後に抗体が検出されるまでSTSの場合約4週間かかりTPHAの場合は更に2週間かかります。 避妊具を使用しない性行為や風俗の利用などで感染が疑わしい場合、行為から4週間以上過ぎてから検査を受けることをおすすめします。 検査結果が陰性でも疑わしい場合、3~4週間してから改めて検査を行なう人もいます。 梅毒は放っておくと悪化するので、その進行を早い段階で止めることが大切です。 感染したかもしれないと思ったらすぐに医師と相談し、検査を受けることをおすすめします。 悪化する前に適切な処置を行うことによって、症状を抑えたり改善することが可能です。 パートナーにうつさないようにするのも大事です。 梅毒の治療期間は症状によって変わる 梅毒血清反応検査で陽性反応が出たら、クリニックでの治療を行います。 治療は梅毒の症状によって期間が異なり、病期が感染してからどのくらいなのかや病気の段階において治療に必要な期間を確認することが可能です。 第1期は感染してから3週間~3カ月頃のことで、感染した部位にしこりなどが出てきます。 この期間に梅毒に感染した確認し治療を受けた場合は抗生物質などの服用に関して、2週間~1か月続けることで改善することが可能です。 比較的軽度な状態なので後遺症が起こらない時期でしょう。 第2期は3か月~3年頃で、多くの人が梅毒に気付き治療を始めます。 全身に発疹が現れたり発熱が起こるといった自覚症状が現れるので、梅毒感染を疑って自分で気付くようになります。 抗生物質の服用期間は1か月~8週間ですが、第2期までは「早期梅毒」と呼ばれていてこの時期まで治療を行うと進行を早めに止めることができ改善することが可能です。 第3期は3年~10年頃で、抗生物質の服用期間はかなり長くなり8週間~12週間かかると言われています。 進行を止めることは困難となる時期、ある程度改善したとしてもゴム腫と呼ばれているしこりができてしまった跡が残ってしまうケースがあります。 梅毒治療は第3期になる前に行うことが重要です。 第4期は10年以降になり、この時期になると抗生物質の投与での治療は困難になります。 皮膚や粘膜はもちろん臓器や脳・脊髄などに広がっていて、梅毒トレポネーマは抗生物質の投与で治せるレベルではなくなってしまうからです。 脳や神経・臓器などに発症した場合、発症したいろいろな病状に合致した症状を抑えることができる対症療法を行うことになるでしょう。

梅毒は初期症状に注意しよう

未分類

「梅毒」と言えば、一昔前に流行った性感染症で、今では感染しないと思われている事が多い感染症です。 しかし、現在その梅毒を発症してしまう患者が激増しています。 梅毒は、何も対処しないまま放置してしまうと神経障害や脳の壊死など、命に関わる病気になります。 この梅毒になる原因は性行為によるものだとされていますが、その他にも遺伝や血液感染、唾液感染など様々な感染経路が存在し、いつどこで梅毒になってもおかしくない状況です。 この梅毒を意図して予防するのはかなり困難な事ですが、感染した後も出来る対処法として「初期症状に気づく」事も非常に重要です。 梅毒は、初期症状が見えるようになるまで3週間ほどかかります。 まず現れてくるのが、感染箇所に生まれる固いしこり(初期硬結)です。 初期硬結のしこりを確認するのは簡単ですが、これはすぐに消えてしまうので、この段階で梅毒だと気づける人はほとんどいません。 しこりが出来た皮膚は破れて硬性下疳になります。 硬性下疳は、男性の場合は冠状溝や包皮、唇などに多く出来、女性の場合は子宮頸部や唇などが多く、陰部に症状が発生する事が多いです。 指先などに感染するケースもあります。 この症状が出た箇所には「梅毒トレポネーマ」という病原菌が存在しているので、他者が触れてしまうと、そこから梅毒に感染してしまうケースも少なくありません。 また、硬性下疳になるとリンパ節の拡張が発症箇所の周囲で始まりますが、この時点では痛みもなく、リンパ節の拡張を確認する事が出来ません。 以上の初期症状は次第に体から消えていくので、ここで自然治癒したと安心してしまう人もいますが、これは第1段階です。 発症してからしばらく潜伏して力を蓄えた後に第2段階へと進行していきます。 第2段階まで進行してした場合、発見する事は容易くなりますが、その分対処が難しくなってしまいます。 初期症状をよく見極め、対処していく事が一番重要な事です。 梅毒の原因について 梅毒になる原因として、一番代表的なのは性行為による感染です。 ノーマルセックスで感染するケースももちろんありますが、不衛生な環境下で行われるアナルセックスなどでも感染する事が多いです。 コンドームの装着で予防できると言われていますが、このコンドームからも感染する可能性は大きく、決して最善の予防策だとは言えません。 また、感染者と接吻や接触を行うだけでも感染するケースがあります。 性行為による感染以外にも、母子感染も存在します。 梅毒トレポネーマはその潜伏性の強さから気づかずに妊娠してしまうケースもあります。 しかし、感染者から与えられる栄養には梅毒トレポネーマが少量ずつ含まれているケースもあり、子供を出産しても生まれながらに梅毒を患っている子供が産まれてくる事もあります。 この場合は親が妊娠前の性行為で発症していたというケースも多く、家族が全員梅毒を患ってしまっていたという患者報告も存在します。 性行為や母子感染は主に遺伝子や体細胞に梅毒トレポネーマが入り込む事で感染しますが、内部感染の他に皮膚から感染する事も少なくありません。 その感染経路の1つは感染者が使用してまだ新しいタオルです。 感染者の皮膚を拭いた後のタオルには、ほとんどの場合梅毒トレポネーマが付着してしまいます。 これをそのまま使用してしまうと感染してしまいますが、対処する方法があります。 梅毒トレポネーマは病原菌の中でも乾燥に弱いです。 水分を拭き取ったばかりで湿気が残っている状態では梅毒トレポネーマは生存する事が出来ます。 ただ徐々に乾燥していくに連れその病原菌は壊死していきます。 タオルは一度乾燥させてから使用するという方法もありますが、別のタオルを使用するのが最も有効的です。

To the top