Archive List for 2019

性依存症になる可能性やきっかけについて

未分類

日常生活に支障が生じているにも関わらず、特定のものや行動に執着し、自力でやめることが難しいのが「依存症」です。 その中でも特定の性的行為に執着している状態が、「性依存症」です。 性依存症になると特定の性的活動を自力で止めることが難しくなります。 自分がやりたいという思いをコントロールできず、多くの時間をその行為に費やしてしまいます。 潜在的にはやめたいと思いつつ止められないため自分が罪悪感や自己嫌悪に陥ることもありますし、立場を守るために秘密にしないといけないこともあるでしょう。 そして依存症は悪化すると、仕事や人間関係等にも大きな支障が生じてきます。 例えば依存しているものや行動が常に頭から離れない状態になると、集中力が低下します。 さらに性依存症の場合は、浮気・痴漢・盗撮等にもつながる恐れがあります。 浮気はパートナーとの関係性を壊す原因になりますし、痴漢や盗撮は犯罪行為です。 このように自分に不利益なことであると潜在的には分かっていても、自力ではなかなかやめることができないのです。 さて依存症の多くは、負の感情から逃れる手段として特定の行為に手を出すのが最初のきっかけです。 不安・イライラ・退屈さといった負の感情を紛らわせるために行った行動。 もし特定の性的活動に対して楽しい・嬉しいといった感情を抱くと、負の感情は薄れます。 すると脳は次に負の感情を抱いた時も、負の感情を和らげるために同様の行動を望むようになります。 けれども脳は次第に、同程度の活動内容では満足できなくなってしまいます。 快感を得るためにより多くの刺激を欲するようになるために、次第に回数・時間が増えてきます。 さらに負の感情を抱くと、脳がすぐに刺激を欲するようになるために、自力でやめることが難しくなってしまうのです。 このように性依存症は、負の感情を紛らわせることが一つのきっかけとして起こります。 ただし、起こる可能性が高いのは、潜在的に性的活動がストレスを発散するのに良いと感じている場合です。 例えば性的虐待を子どもの頃に受けていた場合、それが親にとってのストレス発散法だと学びます。 すると自分がストレスなどを感じた時に、潜在的にその行為でストレスを和らげることができると学んでいるために、性依存症に陥りやすいのです。 そのため、性依存症に陥らないためには特定の活動だけで負の感情を発散しないようにすることが重要です。 想像しがちな人も性依存症の可能性がある 性依存症は特定の性的活動に対して依存、自力で止めることが難しく、日常生活に支障が生じた状態です。 この性的活動は実際の性行為だけでなく、自慰行為・ポルノグラフィー・性行為に関する想像も含まれます。 つまり性的な考えが頭から離れない、想像しがちな人も依存症の可能性があるのです。 実際、性依存症の診断基準のひとつとして、「過去6か月の間に、大量の時間を、性的な空想や活動に費やした」かどうかが挙げられます。 もし15分以内の場合は問題ありませんが、15分以上2時間未満となると、やや性的なことに関して依存している傾向が、2時間以上となると性的なことに関して、依存している部分が強いと考えられます。 そして実際行動には起こしていないものの、性的なことを想像する時間があまりにも多いと、やがて日常生活にも支障をきたします。 仕事をしている時も想像が止まらなければ、集中力が低下、効率も落ちていくでしょう。 さらに「なぜ考えが離れないのか」と罪悪感を抱いたり、考えていることを秘密にしようとすることもあります。 「自己嫌悪を抱いているがやめられない」もしくは「日常生活に支障が生じている」場合は、依存症の可能性が高いです。 実際行動していなくても、性的なことに関する想像によって問題が生じている場合は、性的依存症のひとつになります。 なお、想像の範囲の対象は現実の人だけとは限りません。 というのも性依存症で定められた性行為のひとつであるポルノグラフィーには、イメージも含まれています。 つまりアニメやゲームなど、二次元のキャラクターに対する性的な想像も含まれるのです。 ですので二次元のキャラクターに対して執着している場合も注意が必要となります。

性行為に消極的な人の特徴とは

未分類

性欲というのは食欲などと同様に、人であれば誰にもあるものなので、性欲があるからといって恥ずかしがる必要はないでしょう。 ですが人によって性欲の強い、弱いというのはあるので、弱い人は性行為にも消極的になってしまうことがあります。 また、人は恋していない時であったり、他の趣味に夢中になっている時であれば性欲があってもないような感じになったり、もともと消極的ではなくても消極的のような感じになってしまうようなこともあるでしょう。 ですが、そうした性欲に関係なく性行為に消極的になってしまう人は、何か身体的なことで悩みを抱えている可能性も高いものです。 女性ホルモンのバランスが悪い時であれば性欲よりも情緒を安定させるほうに意識が行くので、性行為にも積極的になれないことがあります。 そして、性病を抱えていてしたくても出来ない、という身体的なことが事情の人もいます。 こうした身体的な悩みは好きな人であってもいいにくいので、言いにくさが消極的になってしまうことの原因になっているようなこともあるものです。 最近では男性も女性顔負けの中性的な人がいたり、肌が綺麗で中性的な表情をするような男性も多いです。 女性は男性の男らしい体格であったり姿に魅力を感じることも多いので、中性的な男性に魅力を感じない女性であれば、中性的な表情をされることで性行為をしたいとも思わなくなることがあります。 魅力的に感じる男性には女性ホルモンが分泌されて性欲も増すことが多いので、性行為に消極的になってしまうようであれば女性ホルモンを活性化させることにも注目してみると良いです。 また、性行為も相手の要求するがままにしていてはつまらないものです。 ですから協調性を大事にしてくれる相手を見つけるということも大事です。 お互いが考えて気持ちよくなれるようにしないと、性行為がとても負担になってしまい、楽しいと感じられないことで消極的にもなってしまうことが多いです。 趣味人な人を恋人にするのは難しい? 性行為に消極的な人というのは趣味人であるということも多いです。 趣味人な人というのは自分の世界に入るのが好きですし、性行為に関わらず何かを他人と一緒に行う、ということに苦手意識を持っていることも多いからです。 協調性がないということも関係しているでしょう。 ですから趣味人の人は話をしていて楽しいかもしれませんが、恋人にすると付き合うのが難しいと感じることも多いものです。 また、趣味で満足してしまっているので出世欲がないということも魅力の半減につながります。 やはり仕事にも真剣で出世欲のある人というのは行動的で素敵ですし、憧れ、尊敬のまなざしで見ることができます。 尊敬できない相手とは関係が長続きしないという人も多いですから、こうした出世欲がない人が多い趣味人は恋人にするにも難しいということがあるものです。 性行為はしなくても普通に生きていくことはできるので問題はないですが、それでも真剣に付き合える恋人がいないということはつまらないです。 そういう状態のまま放置しておくと、性行為どころか異性による興味というのもなくなってしまうことが多いです。 ですから放置しないようにするためにも恋したい気分というのは忘れないようにもしましょう。 恋人を作らなくても、物語などで恋心を持つことはできますし、そうした恋する気持ちを忘れないでいることは可能です。 恋したい気持ちを持っていないと性行為に積極的になることもできないので、恋する気持ちや異性を意識する気持ちは忘れないようにもしましょう。 また、消極的にならないように明るい気持ちを持つことが大事です。 自分のテンションが低いと性行為だけでなく他の事にも淡白になってしまいます。

To the top