Archive List for July 2018

HIVで梅毒に感染する恐れがある?

未分類

HIVは、レトロウイルスの一種であるヒト免疫不全ウイルスに感染する事で発症する感染症であり、現在の医療では1度感染すると最終的にはエイズを発症して死を迎える非常に危険な感染症です。 HIVは、20歳代~30歳代の感染患者が全体の6割以上を占めるという特徴を持つ性感染症であり、2017年には新しい感染患者の約6割が同性間の性的接触により感染しています。 ヒト免疫不全ウイルスは、有害な細菌やウイルスなどから人間の体を守っているTリンパ球やCD4陽性細胞などの免疫細胞に感染してリンパ球に感染すると共に免疫細胞内で増殖します。 増殖したウイルスが体内に拡散する際に免疫細胞を破壊してしまうので徐々に免疫力が低下してしまい、HIV感染患者は梅毒に感染しやすくなります。 梅毒は、梅毒トレポネーマと呼ばれる微生物に感染する事で発症しますが、1回の性行為の感染率は15%~30%と非常に感染力高い一方で感染しても自己免疫力で自然治癒する感染患者もいる性感染症です。 HIV患者は、体内の免疫細胞数が減少し続けているので日毎免疫力が低下しており、感染しても自然治癒していた免疫力の高い人でも梅毒に感染しやすくなります。 静かに病状が悪化する梅毒は、発症初期に軟骨程度の硬度を有する初期硬結や硬性下疳及び小さなバラの花の様なバラ疹などの特徴的な症状を呈する性感染症です。 HIV患者は免疫力が著しく低下している事から梅毒の特徴的な症状が発現し難い特徴があり、無症候性で梅毒を併発している事が多いのが実情です。 また、HIVと梅毒を併発すると免疫力が著しく低下している事から非感染者に比べて十分な治療効果が得られ無いだけで無く、リンパ性間質性肺炎や反復性肺炎などを併発すると共にエイズを発症する事もあります。 HIVの治療は、エイズ発症時に相当する重篤な副作用の多い治療薬で行われていた事からCD4陽性細胞の数が200/μl程度になった時点で行われていました。 現在では副作用が軽減された治療薬が開発された事でCD4陽性細胞の数が500/μl程度になった時点で行われる様になりました。 ヒト免疫不全ウイルスの増殖をプロセス毎に阻害する為に3剤~4剤を組み合わせて服用するHAART療法が行われています。 その為、梅毒の治療時には、HIVの治療薬と薬物相互作用を考慮する必要があるので専門医や担当医に相談する必要があります。 HIVは日常生活の中で感染しない HIVは、エイズと混同している人が多い事やHIVの基礎知識の不足による偏見などから、日常生活でも簡単に感染してしまう感染症と思われていますが、HIVは日常生活では感染する事はありません。 HIVは、輸血1回で感染する確率が約90%とされている事から非常に感染力の強いウイルスと勘違いしている人が多くいます。 血は病原ウイルスを無数に体内に注入している行為なので感染率が高いのは至極当然であり、逆に病原ウイルスを無数に体内に注入しても感染率90%ならば他の性感染症の方が感染リスクが高いと言えます。 性感染症には、感染率50%と非常に感染リスクが高い感染症状がある一方でHIVはコンドーム非装着のセックスの感染率が0.1%~1%と低いです。 一般的に感染リスクが高いとされるアナルセックスでも感染率は0.067%~0.5%と低く日常生活で感染する事は皆無と言えます。 HIVは、感染患者のヒト免疫不全ウイルスを含む血液や精液及び膣分泌液などが粘膜組織や傷口に接触する事で感染率が上がります。 唾液や尿などの体液に含まれるヒト免疫不全ウイルスの量では感染する危険性が無く、感染するにはバケツ何杯もの唾液や尿が必要です。 その為、現在のHIVの感染経路は違法薬物の注射器の使い回しによる血液感染と多種多様なセックスによる性感染に加え、感染患者の出産時や授乳時に胎児や新生児に感染する母子感染の3経路とされています。 予防法は、セックスの際にはコンドームを装着する事に加えて、オーラルセックスの際にも女性性器にコンドームを広げた物や歯科医療用に開発されたラバーダムシートなどを貼り付けるのが非常に有効です。 オーラルセックス時に感染に気を付けている人は稀なのが現状です。

梅毒は完治が可能になりました

未分類

性に関してオープンになってきたことや国際結婚も増えたことから、海外の病気もどんどん入ってきて性感染症の数は年々増えています。 そんな中で、昔から日本にある性病として有名なのが梅毒です。 現代では昔の病気として思われている方も少なくはないのでしょうが、実は近年梅毒患者の数が急激に増えているのです。 そのため、いつどこで感染しないとも限らず、ある程度の知識は持っておく必要があります。 昔は不治の病とされていた梅毒ですが、今は完治が可能となりました。 早期発見で適切な治療を行えば怖い病気ではないのです。 梅毒は第1期から第4期まで異なる症状が出てくる病気です。 まずは発症箇所にシコリができ、更にまばらな赤い発疹・バラ疹が出てきます。 このバラ疹こそが梅毒の名称の由来です。 その後は肝臓や腎臓にも硬いしこりや腫れ物ができます。 心臓血管系や中枢神経系が侵されて大動脈破裂などが起こり、痴呆や進行麻痺により日常生活が困難になり死に至ることもあるのです。 症状が出ていない潜伏期間もあり、その間も原因となる梅毒トレポネーマという病原菌は体内で増殖を続けています。 これは完治ではなく単に潜伏しているだけなので注意が必要です。 できれば第1期の段階で気付いて治療をするのが早く治す近道です。 梅毒の抗生物質はペニシリンです。 1929年にペニシリンが発見されたことで治る病気へと変化したのです。 現在もペニシリンの服用によって治療は行われます。 ただし、ペニシリンアレルギーを持っている方や妊婦の方であれば副作用の心配があるため、同じように効果のあるアセチルスピラマイシンなどの薬が使われることになるのです。 梅毒トレポネーマという病原菌を退治することができれば治療は完了です。 第1期であれば2週間から4週間、第2期なら4週間から8週間かかります。 一度感染すると血清反応は陽性を示し続けますが、一定の数値までは下げることができますし、症状も治まっています。 すでに感染力もなくなっている状態なので完治と見なされるのです。 梅毒の治療薬はノバモックスがオススメ 梅毒の治療薬として効果が高いのがノバモックスです。 ノバモックスはペニシリン系の新薬アモキシルのジェネリック医薬品です。 有効成分はアモキシシリンです。 アモキシシリンは細菌の細胞壁を破壊することで死滅させる働きを持つのです。 梅毒の他にも淋病や、その他にも微生物による細菌感染症に処方されるメジャーな薬です。 使用方法ですが、病気の種類や症状の強さによって異なります。 ただ、通常であれば成人は錠剤やカプセル状のノバモックスを1回250mg錠・1日に3回から4回服用することになるでしょう。 詳しい使用方法は病院で診察を受けた上で医師に相談してみてください。 水と一緒に服用しましょう。 それ以外の飲み物で使用していると効果が軽減される恐れがあります。 ノバモックスがメジャーに使われているのは、他の抗生物質よりも副作用が少ないからです。 とはいえ、まったくないわけではなく下痢や食欲不振・腹痛・胃もたれといった症状が出てくることもあります。 もしも症状がきつかったり長引くようなら医師に相談した方がよいでしょう。 併用禁忌とされる薬もあるため、常用している薬やサプリメントがあるのなら、それも医師や薬剤師に相談してみてください。 症状が治まったからと安心していたら単なる潜伏期間で次々と上のステージに進んでいくことになります。 性病の一つとは言っても性行為以外にもキスで感染することもありますし、今はほとんどないとはいえ母子感染することもあります。 もしかしてと思ったらとにかく早めに治療を開始しましょう。 明らかに梅毒の症状が出ているのであれば、治療は保険の適用内ですることができるため、2000円から4000円程度で済みます。

To the top