クラミジアは日本で最も感染者数が多いとされるほど感染率の高い性病です。
原因菌であるクラミジアトラコマティスに感染することによって発症する病気ですが、症状が現れず感染に気がつかないかない人が多いという特徴があります。
この特徴が感染者増加の原因です。
感染経路のほとんどは性行為によるもので、パートナー以外との性行為をしていないため感染経路に心あたりがないと思ってしまいますが、そのような場合、発症していないだけでパートナーが感染していることも考えられます。

クラミジアの症状は男女で異なり、男性が感染した場合は性器から尿道に感染し尿道炎の症状が現れます。
放置してしまうと菌は尿道の更に奥へ進行し前立腺や精巣上体(副睾丸)にも感染し各部位で炎症を起こし副睾丸まで進行してしまうと不妊になるリスクもある病気です。
女性の場合は、性器から子宮頸管、子宮内膜、卵管、骨盤腹膜、肝周囲の順に感染が拡大し、それぞれの部位で炎症を起こすのが特徴です。
女性の場合、症状として出やすいのはおりものの量やにおいの変化であるため、感染を見逃してしまうことも多いのですが、女性の場合も症状が進行してしまうと卵管のつまりなどを起こし不妊の原因になります。

男性も女性も不妊になるリスクのあるクラミジアですが、感染してしまった場合は早期発見と早期治療が大切です。
しかし、説明した通り感染に気が付かないことも非常に多い病気です。
感染に気が付いたら、早めに医療機関で感染していないか確認するようにしましょう。

感染していないことが分かれば安心して過ごすことができますし、もし感染してしまっていた場合も早く治療を始めることが感染拡大を防止できます。
また、感染していた場合はパートナーにも治療を受けてもらいましょう。
パートナーも感染しているようであれば、お互いに治療を受けることが重要です。
クラミジアが治っていない状態で性行為をしてしまうと、パートナー同士で感染を繰り返してしまう危険があるのです。

ジスロマックでクラミジアを治療しよう

ジスロマックはクラミジアの治療において最も選ばれている薬です。
クラミジアの治療において大切なのは体内のクラミジアトラコマティスを完全に死滅させることです。
ジスロマックはアジスロマイシンという有効成分を含んでいる薬でマクロライド系の抗生物質に分類されます。
アジスロマイシンは血中のクラミジアトラコマティスを死滅させる効果があります。
ジスロマックは一回服用するだけで治療は終わります。
1回飲むと薬の効果は1週間持続し、その間に菌を死滅させてくれるのです。

マクロライド系の抗生物質は副作用が少なく、妊婦や子供にも処方できる薬として安全性が高いとされています。
まれに副作用として下痢の症状が現れる事がありますが、整腸剤を一緒に飲み、本来1回で服用する量を3日に分けて服用することで副作用のリスクを下げることができます。
しかし、3日に分けて服用する場合は、指示された用量を飲み切るようにしましょう。
自己判断で服用をやめてしまうと菌が完全に死滅しない可能性があります。
菌が生き残ってしまった場合、治らないどころか体内の菌が薬に耐性を持ってしまった効かなくなる危険もあるのです。
そのようなことのないようにしっかりと使用方法は守ってください。

性病というと治療を受けるのに気恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。
しかし、放置してしまうと不妊のリスクや感染を広げてしまう危険が非常に高いのがクラミジアの特徴です。
ジスロマックは使用方法を守れば1回の服用だけでクラミジアの治療に非常に効果のある薬です。
胃腸が弱いなどで副作用が心配であれば、医師に相談すれば副作用のリスクを低くするような処方もしてもらえるので感染に気が付いた場合は早めに治療を受けるようにしましょう。